LUXA

エリアを選択
  • レストラン
  • 個室あり
  • オシャレな空間
  • 落ち着ける空間
  • 夜景を楽しむ
  • デザイナーズ
  • メディア掲載
  • 複数店舗あり
  • 飲み放題
  • ランチ・ディナー利用可
  • たまプラーザ・自由が丘 エリアのチケット

【2店舗/55%OFF/食べログ3.50以上/飲み放題120分】10周年記念。希少な黒毛和牛の「雌牛肉」を使用。最高A5ランクのお肉を、古き良き日本家屋風 ”蔵“ を模した上質な店内で《豪華焼肉16種など/極コース》

販売価格

5,800

購入する

残りわずか

525枚 購入済み

通常価格
12,960円
割引率
55%
割引額
7,160円

残り時間

あと 105時間 5714

販売規約

【有効期限】
Mon Jan 07 00:00:00 JST 2019~Fri Mar 15 00:00:00 JST 2019
【利用条件】
・1グループ2~8名で利用可(チケットは人数分必要です)
・ギフト利用:可
・複数枚購入の場合、複数回ご来店いただけます(同日に複数回は利用できません)
・チャージ代なし
・サービス料なし
・ランチ、ディナータイムともに利用可
・ラストオーダーは14:00まで/ディナー22:30まで(自由が丘店は22:00まで)(飲み放題のラストオーダー時間はチケット詳細をご確認ください)
・たまプラーザ本店、自由が丘店のどちらかで利用可
・たまプラーザ本店は土日祝は1組限定
【購入条件】
・購入できる枚数:2枚~制限なし
【利用可能日】
祝前
※自由が丘店は土日祝利用不可
【予約】
・事前予約:必要
・1営業日前までに要予約
・予約受付は、12月30日より開始いたします
・予約が混み合う場合はご希望の日時に添えない場合がございます。特に有効期限最終月(2月・3月)は混み合いますのでお早目のご予約をおすすめします
・予約の変更・取り消しはご利用日の1営業日前の営業時間内までにご連絡をお願いします
・予約の際は、はじめに本チケット利用の旨をお伝えください
予約の受付はチケット有効期間の2週間前までとなります
・座席指定不可
・貸切などの予約がある場合は、ご利用になれません
・状況によって当日予約も可能な場合がございますので直接店舗にお問い合わせください
ご予約はお電話にてお願いいたします。WEBサイトからご予約いただいた場合、本チケットはご利用になれませんのでご注意ください
【提示条件】
・予約時に「購入者氏名」「チケットID」を伝えてください。伝えていない場合、本サービスは利用できません(予約不要のチケットは利用時にお伝えください)
・このチケットは紙に印刷してお持ちいただくか、携帯電話で表示し、店頭で提示してください
【その他】
・転売および換金不可
・購入後の返品・キャンセル不可
・他サービス券、キャンペーン、特典などとの併用不可
・ご予約日の1営業日前の営業時間以降の変更・キャンセル、無断キャンセルはチケット失効となります

現在販売中の特集

現在販売中

上質な牛肉だけを使用するという贅沢な美味しさを、斬新なプレゼンテーションで堪能いただける本格焼肉ダイニング「べこ亭 たまプラーザ本店」が10周年を迎えました。”蔵“ をイメージした和モダンなインテリアが上品な空間と、希少な「雌牛肉」を使用した贅沢なメニューが、お客様一人ひとりにとっての大切なひと時をお楽しみいただけます。今回は、特別な日に訪れたい、贅を尽くしたプランをご用意。2店舗でご利用いただけますので、この機会をぜひお見逃しなく。

詳細

たまプラーザ本店

残りわずか

自由が丘店 ※土日祝は利用不可(完売しました)

再入荷通知

ページを表示した時点の販売状況です
吹き抜けの高い天井が、気持ちの良い開放感を与える「べこ亭」。落ち着いた明かりが灯る、古き良き時代の日本家屋を想わせる店内には、モダンかつクラシックな、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。大きな蔵扉を模したワインセラーを完備し、ワインからシャンパン、焼酎、日本酒まで、厳選したお酒を常時150本ご用意。希少な「雌牛肉」を使用した料理に合わせて、バリエーション豊かに取り揃えています。

今回は、そんな雌牛肉を堪能いただける全7品の贅沢プランをご紹介します。シェフこだわりの前菜のあとに登場するのは、全16種のお肉。歯ごたえの良い「上タン」や、ジューシーな「特選サーロイン」に加え、同店自慢の「黒毛和牛雌牛厳選肉」もラインアップ。たっぷり食べても胃もたれしにくい上品な脂としっかりとした肉本来の味わいに、お箸が止まらないことでしょう。

またそれだけでは終わりません。なんと120分の飲み放題もお付けした、大満足のコース内容となっています。しっかりと冷えた生ビールや、厳選されたワインなど、お好きなドリンクを片手に優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ご家族そろっての食事会や大切な人との記念日など、さまざまなシーンに寄り添う同店でのプランを、この機会にぜひご堪能ください。

~雌牛専門店ならではのこだわり~
体にも良い。希少価値の高いA5ランクの「雌牛」
仔牛を産む為の母牛となる雌牛の流通量が限られており、さらに、雌牛は発情期もあり増体(太り)も悪く、霜降りが入りにくく生産者があまり好まないため、希少性が非常に高い「雌牛」。そんな希少性の高い雌牛の「脂」には、去勢牛に比べ「不飽和脂肪酸」が多く含まれていることが分かっています。「不飽和脂肪酸」とは、体内で合成することができず、食べて摂取しなければならないと言われており、体内においてエネルギー源になったり、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあるとされています。美味しいだけでなく、体にも良い…そんな魅力の詰まった牛肉なのです。

その味わいに思わず虜になる
雌牛の特徴は、脂の質と肉のキメの細やかさが去勢牛より優れている点。雌牛の脂は融点が低く、指で触れたり包丁を当てるとすぐに溶け出してしまいます。そのため口に含んだ瞬間にじんわりとろけ、しつこさのないサッパリとした後味と、しっかりとした甘みがふわっと口に広がります。さらに肉質は絹のようにキメの細かいため、歯切れのよい上品な柔らかさを感じることができるのです。


極コース(通常12,960円)
料理長おまかせのコース。その日の厳選された食材でコースをお作りします。
料理の内容は一例です。
季節や仕入れ状況などにより変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

■ 自家製キムチ盛合せ

■ 季節のナムル盛合せ

■ シェフ創作鉢

■ べこ亭 焼肉16種
・上タン
・三元豚 豚カルビ
・豚トロ
・ハンガリー国宝マンガリッツァ豚
・特選サーロイン
・本日の黒毛和牛雌牛厳選肉
・上カルビ
・上ロース
・カルビ
・ロース
・ハラミ
・上ミノ
・ギアラ
・ホルモン
・丸腸
・レバー

■ 瀬戸内野菜焼

■ 出汁茶漬け

■ 本日のデザート


120分飲み放題
■ 生ビール
■ 赤ワイン
■ 白ワイン
■ サワー類
■ カクテル  など


※飲み放題のラストオーダーのお声がけはございません。飲み放題はファーストオーダーをいただいた時点でスタート、スタートから120分で終了となります。
※滞在時間を120分とさせていただきます。
※追加注文の料金は別途店舗にてお支払いください。
※上記写真はイメージ画像のため、実際にお出しする料理とは異なる場合がございます。
※通常価格は、極コース(通常12,960円)の金額を記載しております。



【利用可能店舗】
※予約時に購入店舗へお電話ください。

■ べこ亭 たまプラーザ本店(044-978-0029)
【住所】
神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-10-1
【アクセス】
東急田園都市線 たまプラーザ駅 徒歩10分
【営業時間】
<月~金>
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:30)
<土・日・祝日>
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
【定休日】
無休、年末年始
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140201/14012025//

■ ベこ亭 自由が丘店( 03-3701-0029)
【住所】
東京都世田谷区奥沢6-20-23
【アクセス】
東急東横線 自由が丘駅 徒歩6分
【営業時間】
<月~金>
ランチ 11:30~14:00(L.O) 14:30 Close
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
<土・日・祝>
ランチ 11:30~14:30(L.O) 15:00 Close
ディナー 16:00~23:00(L.O.22:00)
【定休日】無休、年末年始
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13109809/

店舗情報

店名
焼肉 べこ亭
※複数店舗あり
電話番号
※ご予約は、購入店舗までお電話ください(チケット詳細の【利用可能店舗】をご確認ください)
住所
〒216-0011 神奈川県川崎市宮前区犬蔵2-10-1
アクセス
東急田園都市線 たまプラーザ駅 徒歩10分
営業時間
※こちらは「たまプラーザ本店」の住所になります(利用店舗情報は、チケット詳細の【利用可能店舗】をご確認ください)
定休日
年末年始(12月31日~1月2日)
URL
http://www.bekotei.jp/tama
facebook
https://www.facebook.com/bekoteitama

こちらもお見逃しなく

ページの先頭に戻る